業者活用とその費用

駐車場

駐車場の施工では、その費用を抑えるためには、必要な部分のみコンクリート舗装してもらうなどが重要になる。また、屋根を設置するかにより費用が大きく変わるため、それらの検討も重要になる。その他、業者選択もポイントになる。

もっと知ろう

リスクの少ない不動産投資

電卓

家賃保証のある不動産に投資する方が増えています。家賃保証がある事によって、入居者が家賃を滞納した場合でも安心です。なにより安定した家賃収入を得る事ができますし、入居者の管理や手続きを依頼する事ができるため便利です。

もっと知ろう

マンションを経営すること

マンション

マンション投資の利回り

株式投資やFXなどだけでなく、不動産投資の面でも個人投資家が投資するケースが増えています。そのため、マンション経営も個人で行っている人が少なくありません。マンション経営のメリットはリスクが少ない割にリターンが期待できる点です。それほど高い収益性が見込めるわけではありませんが、5%程度の利回りは確保できるのが一般的です。この場合の利回りとは、物件を購入する費用や維持管理に要する費用に対する家賃収入の比率になりますが、物件によってはもっと高い収益性があるものもあります。しかし、収益性が高い物件は、その分だけリスクもありますから注意しなければなりません。マンション経営は安定していますがリスクがないわけではないのです。

空室リスクの影響

マンション経営において、高い収益性があるということは物件の価格が高く家賃も高い場合がほとんどです。そのような物件を賃貸する場合には、気をつけなければならないのが空室になった場合のリスクです。初期投資額が高い物件については、できるだけ空室にならない状態で回転させなくては投資額を回収することができません。もし空室になってしまうと投資が無駄になってしまうからです。空室リスクは家賃収入がなくなることを意味していますので、できるだけ短期間で終わらせなくてはなりません。また、家賃が高ければ高いほど、周辺の他の物件との競争で負ける恐れが生じます。新築の間はいいかもしれませんが、老朽化が進めば進むほど、退去者が増えていくことが予想されます。

節約かサービスか

お金

より無駄なくマンション経営を行うためには、管理費用を抑えることが重要です。相場価格を目安に管理費の削減にかかる方は多いですが、安ければ確実に良い、というわけではないことを肝に銘じておきましょう。サービスの質を取るか、費用の節約を取るかは経営者の裁量にかかっています。

もっと知ろう